わかりやすい表現方法

難しい言葉を簡単に!


より簡単な表現は無いか?と考えながらスピーチの原稿を書くことが重要です。例えば、漢字の表現は、より簡単な表現に変える事が可能ですし、英語表現やカタカナ語は日本語に言い直した方が良い場合が多くあります。

同じ言葉を他の表現に変える時は、類語辞典を使って探す事もできます。

 

 

ジェスチャーと取り入れて!


身振り・手振りを加えて話す事によって、スピーチを聞いている方たちの目(視覚)を刺激する事ができます。言葉を話すだけでは、耳(聴覚)にしか、言葉を伝える事ができません。

ジェスチャーを取り入れる事によって、より豊かな表現になります。